*******

Treatment Menu doctor land

内科

整形外科

眼科

耳鼻咽喉科

皮膚科

リハビリテーション科

健康診断

採血健診

各種予防接種

インフルエンザ

各種料金表

在宅医療

求人情報


医療法人 白報会グループのご紹介

新卒採用 医療法人 白報会グループ

ドクターランド 幕張

ドクターランド 船橋

メディカルクリニック ドクターランド

つばさ総合診療所

BIHAKU

Link

眼科について

眼科では近視や遠視、老眼といった物が見えづらいというものから、痛みや痒み、出血や眼の疲労、異物が確認できるといった症状を診療します。高血圧症や糖尿病など、多くの全身疾患にて症状が出現する箇所でもあるので、眼科受診から病気の診断がつくことがあるほど重要な役割を担っています。



こんな症状の時にお越しください。

  • 目が見えなくなる
  • 目が痛む
  • 一部がカーテンで隠したように見える
  • 物が見えにくくなる
  • 物が歪んだり、ぼやけて見える
  • 視野が狭くなる
  • 目の中がゴロゴロする
  • 目が充血する
  • いつも以上に光がまぶしく感じる

眼科対象の主な病気

■ 白内障

白内障は目の水晶体という部分が年齢とともに白く濁るため起きます。多くの方が発症しますが、年齢が高い人ほど発症率が高くなります。


  • 目がかすんで見える
  • 日常生活で光をまぶしく感じる
  • 視力が低下する

このような症状が出た場合、眼科での受診をおすすめします。
白内障が進行していない場合の治療法は点眼薬や内服薬を用いて進行を予防します。
しかし症状が進み、日常生活に差し支える場合は手術を行います。


■ 緑内障

緑内障は眼圧が高くなることにより、視神経が圧迫されて視力が落ちたり視野が狭くなる病気です。 失明原因の上位にもランクされています。
進行を防ぐには高くなった眼圧のコントロールが最も有効です。
障害を受けた視神経は再生しませんので早期発見、早期治療が重要です。
そのため定期的に検査を受けることをおすすめします。


■ 加齢黄斑変性症

加齢により網膜の中心部にある黄斑の機能が低下するために生じます。
中心部がぼやけ、ものがゆがみ、視野が狭くなります。 進行すると真ん中が見えなくなり、視力の低下や色がわからなくなってきます。
検査の際は必ず片目ずつ視力の確認を行います。
人口の高年齢化や生活環境の欧米化により近年著しく増加しています。特に50歳を過ぎた頃より多く見られる病気です。


■ アレルギー性結膜炎(花粉症を含む)

花粉や住まいの中にあるほこり・ダニ等が原因で引き起こされる反応をアレルギー性結膜炎といいます。急増しているハウスダストによるアレルギーは家の中のほこりが原因で起こります。
季節ごとに発生する花粉とは別で、ハウスダストは1年中を通して存在するので、いつ病気になるかわかりません。このアレルギーは通年性アレルギーと呼ばれ、花粉症とは別と考えられています。
結膜はまぶたを開いている間ずっと外部にさらされており、非常に刺激を受けやすく、常に涙で濡れています。そのためハウスダストや花粉が溜まりやすく、アレルギーによる炎症が起こりやすいです。


■ 糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は糖尿病の影響により目の中の網膜が障害を受け、視力が低下する病気です。網膜は目の中に入る光を刺激として感知し、脳の視神経に伝達します。
糖尿病網膜症は、糖尿病腎症、糖尿病神経症と並び、糖尿病の三大合併症といわれます。日本での失明原因第2位という代表的な病気ですが、定期的な検査と早期治療により進行を抑えることが可能です。
糖尿病網膜症の症状は、病気の進行とともに変化します。


  • 初期段階では自覚症状がありませんが、目の中の血管では小さな出血があるなど少しずつ異常がみられます。
  • 中期になると視界がかすむなどの症状があります。目の中では血管がつまっている可能性があります。
  • 末期では視力の低下や飛蚊症が起こり、失明する場合もあります。目の中の血管では大きな出血が確認できます。また網膜剥離や緑内障などの病気を併発している場合もあります。

■ 飛蚊症

何か物を見ている時、視界に黒い虫のようなものが動き回るように感じる状態を指します。形や大きさは人により様々です。
症状が出るのも様々ですが、多くは加齢により発生します。生理的なものでも発生しますが、その場合は特に何かをする必要はありません。
病気による場合、早急の治療を必要とするケースがあるので次のような症状が確認できたら眼科を受診されることをおすすめします。


  • 黒い虫の量が増えた
  • 暗い場所をじっと見た時、落雷のような光が見える
  • 急激に視力が低下した
  • 視界の一部が見えない

■ ドライアイ

ドライアイは涙の不足や分泌の減少等により目の表面に障害がでる状態です。
下記のような症状が見られます。


  • 目が乾いた感じがする
  • 目が疲れてる
  • 目がゴロゴロする
  • 目やにが多い
  • 目に不快感がある
  • 光がまぶしい

最近はスマホやパソコン、テレビなどの普及によりまばたきが減り乾きやすくなったり、目を酷使する環境が多くなりました。またコンタクトレンズを使用している方はしてない方に比べ、目の表面が乾き涙も少ない可能性が高いです。

ドライアイ改善の治療薬も発達しており、新しい点眼薬にて症状が改善する場合もあります。